ホーム > お金の基本 > 都道府県「預貯金ランキング」1位と47位の差は1,000万円以上?

都道府県「預貯金ランキング」1位と47位の差は1,000万円以上?

(写真=PIXTA)

世界的にみても貯蓄家として知られる日本人ですが、総務省「全国消費実態調査(2014年)」によると、2人以上の世帯の貯蓄平均値は1,565万円となっています。退職金などを手にした60代の資産が他の世代より多いという特徴はありますが、若い世代よりシニア層につれて貯蓄額が上昇するのは、それほど驚きではないでしょう。

一方、生活習慣や風土が異なる都道府県の間では、貯蓄額に大きな差が現れました。その気になるランキングと、背景をみていきましょう。

>>次ページ 気になるランキングの結果は?