ホーム > 資産運用・形成 > 海外の富裕層御用達!優良運用会社のファンドをポートフォリオに入れよう

海外の富裕層御用達!優良運用会社のファンドをポートフォリオに入れよう

(写真=Tyler Olson/Shutterstock.com)

投資信託を選ぶ基準として、どのような項目をあげるでしょうか。安定的に分配金を出し続けるもの、短期収益を見込めるもの……など、投資信託の判断基準は人それぞれです。

例えば、運用資金を 1,000 万円持っている場合、年間の運用利回りが 5%であれば、10 年経過すると1,628.9 万円、10%の利回りであれば 2,593.7 万円になる計算になります。

今回は、海外でも人気があるポートフォリオの組み方について紹介します。

日本では分配型が人気!海外では?

低金利の現在の日本においては、銀行の預金金利や、日本国債の利率、利回りを加味したとしてもあまり高い利益が出ることはないでしょう。そのため、ライフプランを考えて長期的に運用をしたいという思いから、金融商品の幅を広げて保有する人も増えてきています。

運用商品として人気があるのは、「毎月分配型投資信託」です。毎月分配金を生活の足しにする、お小遣いにしたいという人もいれば、実際にお金が毎月入ってくることで資産が増えた実感が湧くという人もいるようです。

しかし、投資信託の分配金の中には元本払戻金もあり、原資から取り崩して支払われる場合もあります。そのため、トータルリターンを考えると必ずしも分配金=利益とはいえません。

それでは、日本より投資が進んでいる世界に目を向けてみるとどうでしょうか。

海外の富裕層の中には、投資信託をはじめ株式や債券、為替等を効果的に使い、冒頭で示したような 5%、10%等の利回りで資産を増やしている人もいるようです。

また、富裕層といわれる人たちは、財団や年金基金などが採用している金融商品や長期運用目的の絶対収益型の投資信託やヘッジファンドなども使って長期運用を行っているのです。

世界トップレベルの運用会社の共通点とは

日本では投資信託を選ぶときに分配金がいくら出るのか、今後の見通しを考えて値上がりしそうか、そしてどこの金融機関から購入したのかを意識しがちです。

しかし、お金を実際に運用するのは販売会社の金融機関ではなく、運用を請け負う運用会社です。販売会社の担当者から紹介された商品だとしても、運用会社の運用が思うようなものでなければ、期待していた成果が出ないかもしれません。

そのため、世界の富裕層はどこの運用会社が運用を行うのかも意識して、マネードクターのファイナンシャルプランナーから提案を受けているといわれています。

日本ではあまり馴染みはないものの、世界トップレベルの運用会社として海外の富裕層の間で高い評価を得ている会社として、下記のような会社があげられます。

・ ディメンショナル・ファンド・アドバイサーズ・リミテッド
・ キャピタル・インターナショナル株式会社
・ MFS インベストメント・マネジメント株式会社

これらの運用会社は、長期投資が本当の利益になるという信念、投資への明確な哲学と土台になる企業カルチャー、そして優れた実績を元に一貫した投資スタイルを貫いている点で共通しています。

長期的な資産形成を目的とする場合、一貫した投資哲学があり、過去の実績が伴っている運用会社であれば安心して資産の運用を任せることができることでしょう。

今のところ、上記の運用会社の商品を購入できる金融機関は限られています。そのため、世界の富裕層から定評のある金融商品を購入するには金融機関毎に口座開設を行い、バラバラに管理をする必要がありました。しかし、GAIA の投資一任サービス GMA であれば、ラップサービスを介して上記の運用会社の運用商品を保有することが可能になります。

投資を一任できるラップサービスの魅力

GMA は下記のような会社群で構成されています。

GAIA の担当者よりヒアリングが行われ、回答内容に沿った運用コースが提案されます。内容に合意したら、楽天証券に投資一任口座を開きます。投資一任の名前の通り、実際の運用や銘柄入れ替えなどはプロにおまかせになります。

実際の銘柄選定に関する助言は GAIA が行いますが、資産配分に関する助言は世界的なコンサルティングファームのマーサー社の日本法人、GMA の中のファンドの運用はディメンショナル・ファンド・アドバイサーズ・リミテッド、キャピタル・インターナショナル、MFS インベストメント・マネジメント等が行います。

GAIA の運用哲学や理念に共感した会社によって GMA は構成され、最新の経済理論やリサーチデータを駆使して運用を行っています。

GMA が最終的に大切にしているのは「人」です。運用者の人となりが、運用結果にも結びつくと考えています。組み込まれるファンドや運用会社がお客さまの大きな資産を預かり運用する先として適しているのかを、GAIA が定期的に確認することにしています。GMA の運用には、それほど信念を持った人や会社が集結しているのです。

このように、GMA であれば世界の優良な運用会社の商品をまとめて保有することが可能になります。一流のプロによる運用が行われる GMA について、あなたも検討してみてはいかがでしょうか。

>>GMA について一流のプロ“GAIA”に聞いてみる

【オススメ記事】
なぜ教育にお金をかけると収入が増えるのか?
お金持ちはどこへ?なぜ日本の富裕層が都会に移動しているのか
日本でも本格化する「プライベートバンク」 の存在 普通の銀行と何が違うのか
加速する富裕層の海外移住 海外に目を向けた節税対策を!
贈与税の基礎理解 使えない「相続時精算課税制度」