ホーム > 資産運用・形成 > ネット証券に口座を持ちながらアドバイザリーサービスを受ける方法とは

ネット証券に口座を持ちながらアドバイザリーサービスを受ける方法とは

(写真=Peshkova/Shutterstock.com)

証券会社のセールスに頼る資産運用から、自身で手軽に売買できるネット証券に移管した人も多いのではないでしょうか。当初は「自分で売買したほうががいい」と思い移管したものの、実際やってみるとなかなかうまくいかない人もいるかもしれません。

自己流の運用方法が本当に正しいのかどうかも分からず、やはり誰かのアドバイスを受けるべき、と感じはじめていませんか。まずは、そもそもなぜネット証券に移管したのか、また今後どうしたいのかを考える機会をつくってみてはいかがでしょうか。

ネット証券だからといって、すべて自分で行う必要はない

ネット証券と聞くと、売買をはじめ資産運用をどう行うか、すべて自身で決めていく必要があると考えている人も多いでしょう。運用に自信があり、実際にうまくいっている人もいるかもしれません。しかし、中長期的に見てその運用方法が正しいのかどうか、プロにアドバイスを聞きながら方向性を間違えないことも大切です。

また、ネット証券の手数料の安さに惹かれたものの、いざやってみると手数料よりも運用方法をじっくり学び、リターンを大きく得る方が良いと感じることもあるでしょう。こうした方は、安心して客観的な運用のアドバイスを受けることができるIFAを利用してみてはいかがでしょうか。

実は一部のネット証券では、業務委託を行っているIFAがいます。IFAとは、独立系ファイナンシャルアドバイザーのことを指し、資産運用の包括的なアドバイスはもちろんのこと、お客さまの資産を守り、長期的に資産を着実に育てるための資産設計を行うプロです。IFAは中立的な立場を貫き、お客さまにとって最も望ましい資産運用の提案を行います。いわば、「お金のかかりつけ医」の役割を担います。

中立的な立場のIFA

このIFAの仕組みは、GAIAでも導入しています。GAIAでは、お客さまのライフプランや資産配分をご希望に沿いながら、また投資経験に合わせながら個別金融商品の提案を行います。今の運用方法のままで良いのか、または異なる運用方法が良いのか、塩漬けになっている金融商品をどう処理していくのが望ましいのか、複数の金融商品に分散させるには何が良いのか……。こうした点において、お客さまの状況に合わせながら、IFAがアドバイスを行います。

また、その時々の金融・経済環境に応じて組み込むべき金融商品の提案も行います。お客さまにとって最善となるアドバイスを行うのがIFAです。GAIAではその時々の時代環境に合わせつつ、お客さまの意向を汲み取り、適切な資産運用アドバイスを行います。

GAIAのIFAは金融機関出身者が多い

GAIAのIFAは、証券会社や銀行など金融機関出身者が多いのが特徴です。いわばマーケットのプロでもあり、お客さまの気持ちに寄り添った提案ができるのが強みです。そのため、安心して運用の指南を任せていただけると自負しています。

「独学で運用してきたものの、やはりプロにアドバイスをもらいながら運用していきたい」「ネット証券に移管したものの1人で運用するのは不安になった」「損失発生に悩んでおり、これだったら自分でやらずにプロのアドバイスを受ければよかった……でも、金融機関のセールスには頼りたくない」

こうした方にとって、GAIAは救世主となるかもしれません。一度GAIAに相談してみませんか。大きな悩みから解放され、視野を広げた資産運用を行うことができるかもしれません。

>>【無料】いますぐプライベートFPに相談してみる

【オススメ記事】
なぜ教育にお金をかけると収入が増えるのか?
お金持ちはどこへ?なぜ日本の富裕層が都会に移動しているのか
日本でも本格化する「プライベートバンク」 の存在 普通の銀行と何が違うのか
加速する富裕層の海外移住 海外に目を向けた節税対策を!
贈与税の基礎理解 使えない「相続時精算課税制度」